めんどくさがりが洗濯物をたたんでわかった発見

100記事チャレンジ8記事目

こんにちは。
王梨(おうり)です。
私は片付けが苦手で、洗たく物を取り込んだら放置してることが多いです。
それでも今日は、家がごちゃごちゃしてるので洗濯物をたたみました。
なんとなく取りかかってみたら2つの発見があったのでそれをお伝えしていこうと思います。
[目次]
1.洗たく物は取りこんだらすぐにたたむべし
2.洋服のメンテナンスができる​
1.洗たく物は取りこんだらすぐにたたむべし
洗たく物を取り込んだら、エイヤっとその辺に山積みにしてしまいませんか?
それではシワになってしまいます。
昨日の晩に取り込んだ洗たく物は
今朝たたもうと思った時には
シワシワでした…。
アイロンする手間が増える。
取りこんだらさっさと
たたんでしまえばアイロンにかける時間を節約できますね。
私はシャツを着ることが多いので
シャツはハンガーでそのまま吊るしています。
たたんでシワになるよりはハンガーで管理した方がアイロンをかける手間も省けます。
(干す時のシワ伸ばしが大事!)
洗たく物を後回しにしないことで時間的コストの削減になりますね。
これからがんばっていきます。
2.洋服のメンテナンスができる
洋服をたたむ時は
自分が思っているより
服のことをちゃんと見ています。
今日、洗たく物をたたんでいると
よく着ているTシャツの襟がボロボロになっていることに気がつきました。
Tシャツくんもよく打席に立ち続けてくれてたんだと思うと
「お勤めご苦労さまでした」
と労いたくなりました。
それと同時に、他の服も同じように
ほつれや穴が空いていないか気になりました。
ここで服の状態に気づいて
リメイクなりボタンをつけ直すなりすれば
出先で
「こんなところに穴が空いてる…!」
「ボタンが取れかかってて恥ずかしい」
という思いをしなくて済むことに気がつきました。
「靴下に穴あいてるのバレてへんかな…?」
と考えて過ごすのは
その場にいる相手にも失礼ですし、
自分も楽しめないですよね。
いかがでしょうか。
メリットが見つかれば
洗たく物をたたむのが面倒だという
気持ちもなくなるのではないかと思います。
明日から洗たく物の山を見てうんざりすることがなくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です