ユニクロのカシミヤチェスターコートが優秀

本格的に冬が近づいてきました。
まだ11月なのに寒くて外を歩くのがおっくうになります。
冬は何着ても寒いし
おしゃれなファッションブランドのコートほどあたたかいとは思えない…。
ダウン以外のアウターは着ていても気休めでしかない。
かといってダウンは着ると
ベイマ●クスにしかならないので
毛嫌いしていました。
そんな私の冬のお供は
ユニクロのウールチェスターコートです。
去年、なけなしのお金をはたいて買いました。
ひと冬共に過ごした仲間です。
このコートの何がすごいかを
レビューしていこうと思います。

1.風を通さない

ダウンを着てても中綿をくぐり抜けて冷たい風が身体にくるんですよね…。
その点、ユニクロのカシミヤチェスターコートは
自転車に乗ってても風が身体を貫通していく感じがなくて
寒く感じないんですよね。
身長157cmの私が
Mサイズで膝まですっぽり隠れるのでお腹周りも冷やさずに済みます。
寒さゆえに冬服を着こむクセがあるので
少しゆったりめのMサイズを選んでいます。
もちろん露出している手や首は冷えるのでマフラーと手袋はかかせません。

2.軽い

このコートに慣れたら
他のコートが重たくて仕方ないんですよね。
余計なフードが付いていたり
かといって薄いコートは風をよく通すし、保温性が低いです。
外気からじわじわ冷やされていく感じです。
コートが重いと、室内でコートを腕にひっかけて待機するのも嫌になります。
もっと言えば肩がすぐに凝るんですよ。
たとえ20代の女子であっても3時間も重いコートを羽織ってウロウロしようもんなら
すぐに肩がこるんですよ。
お風呂はいっても取れない強烈なコリがきます。
ところが、このコートはどういった工夫がなされてるのか
軽い。 (なおかつあたたかい)
お店でハンガーにかかったウールチェスターコートを持ったらわかると思います。めちゃくちゃ軽いです。
何時間、外をウロウロしていようと
体が凝るということはありませんでした。
(オタクの常識、グッズ待ち列も内臓が冷えることはありません。)

  3.ケバだたない

安いコート(特に〜5000円ぐらいのもの)を買うと
摩擦で腕や、そでがポロポロになって毛玉ができます。
もちろんダウンであれば毛玉はできませんが、
毛糸を使ったアウターや
もこもこ素材のアウターは着ているうちに毛玉ができてきたり
風合いが保てなくなってみずぽらしい感じになります。
その点、ユニクロのウールチェスターコートはケバだたないので劣化が遅いです。
裏地がポリエステルのため
中の布地が毛玉だらけになったり、ぺしゃんこになる心配がありません。

4.カシミヤを使っている

あたたかいんですよ。ほんとに。
というのも表地にカシミヤが10%使われています。
カシミヤのセーターを着たら
あたたかいですよね。
それと同じものを使っているのです。
そりゃあ、あたたかい。

5.着ぶくれしない

コートの形が下にまっすぐ落ちているのでダウンのようにモコモコしないんですよね。
このタイプはガーリーな服も
カジュアルな服も合わせやすいです。
特に着込んでも
ベイマ●クスにはならないのが嬉しいです。
男性の方でもチェスターコートを来ている人にはキュンとします(笑)
寒い冬こそあたたかく乗り切りましょう!❄️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です