女子大生が合宿免許に行ってきた

こんにちは。王梨です。

就職するにあたって、内定先から免許を持っておくように指示されたので取得することにしました。

もともと注意散漫な人間なので運転に自信がありません。
他人を乗せて走るなんてもってのほかだと考えていたので免許を取ろうとは思ってなかったです。

1人だったら通うのも合宿に行くのも諦めてたと思います。(だってめんどくさい)

同時期に免許を取得したいと考える先輩がいたので一緒に合宿免許に行くことにしました。

合宿免許を選んだのは次の3点が決め手
  • 大学生なので時間がある
  • 通いながら取得するよりは安い
  • 技能教習が思うようにスケジュールを取れない
社会人になってから夜、教習所まで往復2時間かけて通うのは体力的にキツイかなと思いました。なので大学生のうちに参加しようと決めました。
また、通うと30万円ぐらいするところを合宿免許であれば、交通費やご飯代、宿泊費も込みこみで20〜25万で済みます。(シーズンによる)

父から聞いた話で、合宿免許の人が優先的に技能教習(運転)のカリキュラムを組まれるので、通いだと技能教習のスケジュールを思うように取れずに修了まで時間がかかるらしいのです。

以上の理由から合宿免許を選びました。

使った合宿免許紹介サイトは合宿免許WAOです。
(でんぱ組.incが好きだったからっていうだけの理由 笑)
WAOよりも他社の合宿免許が安かった場合、
その価格に合わせてくれる最低価格保証がついているので高くつくこともないと思います。

料金は1月中旬に入校したので22万ぐらいでした。

繁忙期の2月になると値段が急激に上がるようです。
教習所から帰る直前に、そこの自動車学校が提案していた繁忙期プランを見たら
お値段が30万ぐらいになっていて驚きました。
参加時期の計画を立てて挑みましょう。
申し込みをするときは電話で
WAOのコールセンターの人とやりとりしながら第3候補の自動車学校に決めました。

一緒に合宿免許に行く人が居る場合は事前に部屋タイプの相談もしておきましょう。
わたしの場合は先輩がいたので第1希望から第3希望まで相談していました。

何度も電話するのが嫌いなので決めているほうが次の案に移れました。
はやめに決めて申し込んでおかないと希望の教習所は埋まってしまうことを痛感しました。

ファミマで振り込みが完了したら
行きの切符が送られてきました。
(帰りの切符は延泊の可能性があるので、卒業が決定してから自動車学校でもらうことになります。)

洗濯機やコインランドリーがホテルの近くにあることを確認して出発。

わたしが向かったのはT県の自動車学校。

駅に着いたらスーツのおじいちゃんが送迎バスに乗せるために待っていました。
駅から自動車学校まではバスで15分ぐらい。

初日はオリエンテーションだけだろうと思っていました。
教習所内でのルールと適性検査、そして視力検査…もうホテル戻ってもいいんじゃない…?
待ち受けていたのは場内コースでの運転。

初日から車に乗せられて運転することに…。
冬だったので17時ぐらいだけどすでに外は真っ暗。

50分しかない中でなんのこっちゃわからんまま
ハンドルを握ってアクセルとブレーキを操作するはめになるとは思ってもいませんでした。
カーブ曲がるんがコワイの、コワイの…。

ヘロヘロになりながら運転が終わったら、教習所にもどって食堂でごはん。
これがおいしかった…!

2週間ずっとごはんがおいしかったのが救いでした。(好き嫌いがあっても食べれるおいしさです)

ホテルまでの送迎バスも時間が決まってるのでホテルに着いたのは20時半。

次の日の朝のバスが8時05分には到着するので早めに寝ないと体力が持たないと思って12時には就寝する健康的な生活になりました。
毎日5〜8コマの授業(学科・技能合わせて)が待ち受けていましたが、一緒になる指導教官によっておもしろくなる時もあればメンタルブレイクされる時もありました。

(どうしても相性の悪い指導教官との授業にNGを出すこともできるようなので、ずっとメンタルがやられるということはありません)

個人的には、厳しい指導教官も意図があって細かく指摘してきたりするので「減点されない運転を教えてくれてるんだな」と思えば耐えれました。

一時はどうなることかと思いましたが、第1段階(仮免許取得のための期間)をクリアしました。

息もつかぬ間に
第2段階でその日のうちに路上を走ることに。

夜の路上はどこに人が潜んでいるのかわからないからとっても怖かったです。
次第に慣れるんですけどね。

雨や雪が多くて悪天候の中運転することが多かったです。さすが田舎。

(大阪府民は雪の耐性がないので雪道の危なさを身をもって知りました。)
延泊がかかった最後の卒業検定の日は雪でした。
走ったことのない道をワイパーで視界を開けながら走りました。
一度、コンビニに侵入しそうになって教官にブレーキを踏まれそうになりました。「検定中止かもしれん」と延泊を覚悟しました。慌ててハンドルを戻してギリギリのところで回避できたのでセーフでした。
電光掲示板に自分の受験番号が表示されたときはとっても安心しました。
無事に卒業できてよかったです。
家よりおいしい食堂のごはんが食べれなくなるのは寂しいですが、これから本免試験を受けてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です